運転資金 借り入れ ビジネスローン


運転資金の調達におすすめ!
ビジネスローンでの借り入れの有利性について解説しています。

運転資金の借り入れにはどの様な選択肢がある?

事業の経営には資金繰りはとても大事な要素で、とても悩ましいことでも有ります。たとえ主な営業分野で強くとも、資金繰りの失敗で企業は倒産してしまう事もあるので、決しておろそかに出来ません。

その資金繰りで最も重要で難しいところに運転資金の調達があります。この運転資金の調達にはどのような選択肢があるでしょうか?

一番最初に考えつくのは最もポピュラーな銀行融資だと思います。また、銀行が窓口になって、官公庁が融資をする公的融資もあります。そして銀行や消費者金融などが行うビジネスローンがあります。大企業であれば株式発行や社債のの発行も考えられますが、中小企業においては、これらが運転資金の主な調達源になると思います。
参考:運転資金調達 ビジネスローン借り入れ

銀行系の融資や公的融資は利率が低く設定されていて、支払利息の負担もそれほど大きくありません。その半面審査の基準が厳しく、そして審査に堤出する書類も多くを求められ、その上追加融資のハードルも非常に高いです。

ビジネスローンは、利率は銀行系や公的融資などに比べるとやはり利率は高いのが一般的です。その半面、審査のハードルは相対的に低くなっており、書類の堤出もかなり少なくてすみます。また、審査から融資までの期間が短いサービスもあり、審査、借り入れ、返済などの手続きも簡単で柔軟に対応してくれます。また、追加融資などの手間はそれほど手間がないことも運転資金の借り入れ手段として魅力があります。

それぞれメリット・デメリットを良く把握して、利用すべきタイミングに合わせて活用すれば、どちらもとても有効な資金調達源となるでしょう。

ビジネスローンがおすすめなワケ

制度融資を使った運転資金の借り入れ
制度融資を使った運転資金の借り入れは手続きが意外と面倒 イメージ
審査の厳しい公的融資で
比較的審査が軽いといわれている
制度融資、ほんとうは?
銀行から運転資金の借り入れ
銀行から運転資金の借り入れをする際に掛かる日数 イメージ
銀行から運転資金の借り入れを
する際に掛かる日数は
やはり短くはありません

不動産担保有りのビジネスローン
不動産担保有りならビジネスローンでも数千万の借り入れができる イメージ
不動産担保有りなら
ビジネスローンでも数千万の
借り入れができるんです!
必要書類は何?
ビジネスローンの借り入れをするのに必要な書類 イメージ
ビジネスローンの
借り入れをするのに
必要な書類はコレです

運転資金は総量規制の対象外

運転資金は事業性融資なので
量規制の対象外になります
なので年収の3分の一の枠は
関係ありません!

金利はどれくらい?

ビジネスローンで借り入れをした際の金利はどれくらい? イメージ
ビジネスローンで借り入れをした際の
金利はどれくらい?