必要な運転資金は早めに借り入れの手当てをしておくべき | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

必要な運転資金は早めに借り入れの手当てをしておくべき

融資は申し込みから審査までの時間を考えなくては行けないので、必要な運転資金があらかじめ分かる場合には、早めに融資を申し込みましょう。審査では必ず通ると限らないので、見込んでいた融資が審査落ちとなってしまっては取り返しがつかない事にもなりかねません。

銀行融資に場合には、申し込みから融資の開始までは1週刊から1ヶ月ほど期間がかかるので、それを見込んで融資の申し込みをしなければいけません。また、審査の書類(商業登記簿謄本、決算書、税務申告書など)を揃えたり、担保や連帯保証人などの設定も必要です。融資金の使途も報告が必要なのですが、あらかじめわかっている際には準備も出来ます。

また、決算期後経過している場合には試算表も提出しなければいけない場合があるので、経理事務もあらかじめ準備しておきましょう。

担保や保証人の設定をしなかったり、審査にあまり時間をさきたくない場合には、事業者ローンを利用するとよいでしょう。事業者ローンは即日融資を売りにしているサービスもあるので、それほど時間は要しませんが、審査を通過しない場合には、別のサービスを申し込む必要も出るかもしれません。

そういった時に対応できるように、やはり準備は早いに越したことはありません。早めに準備しているならば、予想外の事態にも対応出来ますので、準備は早いほどよいです。

ただ、審査を通すために何社も同時に審査するのはとても危険なことなので、これはやってはいけないことです。同時に何社も審査を受けた場合には融資を受けられないというペナルティが課される場合がありますので、審査の通せるところに絞って申し込みをしましょう。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている