運転資金を事業者ローンで300万円借りた場合の返済例 | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

運転資金を事業者ローンで300万円借りた場合の返済例

事業者ローンを利用する前に、どれくらいの借り入れで返済期間をどれくらいにしたら総返済金額はいくらになる?というったシミュレーションをしておくのは、資金計画などにとても良い試みです。

いかにいくつか例をシミュレーションしておきますので、参考にしてみてください。

300万円を18%の利率で元利均等返済で行った場合でいくつかのケースで試算してみます。

1年間で返済する場合

毎月返済金額 275,040円
総返済金額 3,300,480円
うち利息分 300,480円

2年間で返済する場合

毎月返済金額 149,772円
総返済金額 3,594,528円
うち利息分 594,528円

3年間で返済する場合

毎月返済金額 108,457円
総返済金額 3,904,452円
うち利息分 904,452円

4年間で返済する場合

毎月返済金額 88,125円
総返済金額 4,230,000円
うち利息分 1,230,000円

5年間で返済する場合

毎月返済金額 76,180円
総返済金額 4,570,800円
うち利息分 1,570,800円

当たり前といえば当たりまえですが、このように返済期間を短くすると、利息が少ないですが、月々の返済金額が大きくなるため、短期的には厳しくなります。

逆に返済期間が長いと、月々の返済金額が少ないため、月々の資金繰りは負担が軽く感じますが、総返済額がぐっと大きくなるのがわかります。

頭では理屈がわかっていても、実際に数値として算出すると実感として感じられると思います。短期的なメリットを取るか、長期的なメリットを取るか、良く考えて決断されて下さい。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている