事業者ローンはいくらまで借り入れ出来る? | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

事業者ローンはいくらまで借り入れ出来る?

運転資金が多く必要なとき、多額の融資には銀行が適していて、事業者ローンはそれほど融資出来ないというイメージをお持ちでは無いでしょうか?事業者ローンはどれくらい借り入れをできるのでしょうか?

事業者ローンは借り入れ限度額は各社で大きく開きがあります。

通常50万〜1000万円と限度額を設定している事業者ローンが多いのですが、不動産を担保とした場合には、事業者ローンの融資限度額を大きく増やすことが出来ます。2億円まで融資してくれるサービスもありますので、不動産を担保にするなら事業者ローンもかなり大きな融資が可能であることがわかります。

不動産担保ローンでは資金の使途を問われないものもあり、つなぎ資金として中途解約を繰り返しても手数料が不要だったりと、融資限度額を増額する以外の効果もありますので、こういったメリットも見逃せません。

不動産以外の担保を設定する事も可能ですが、不動産ほどの大きなメリットが付かないので、そのあたりは勘違いせず、よく違いを確認する必要はあります。

また、不動産を担保にするなら、銀行融資をしたほうが早いという考えも浮かびますが、これは一長一短です。やはり銀行系は利率が低いですが、不動産担保の事業者ローンも通常より利率は低くなりますし、その場合は審査の難易度とのバランスが重要になってきます。

また1000万円程度の借り入れなら、不動産担保を設定しなくても事業者ローンで利用できるサービスがありますので、担保の設定にはデメリットもありますから、そのあたりは何を重視するかで判断が変わってきます。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている