事業者ローンで借り入れしてその間に銀行融資を進めるのも一つの方法 | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

事業者ローンで借り入れしてその間に銀行融資を進めるのも一つの方法

企業の資金調達では、銀行融資、公的融資、事業者ローンなどが選択肢としてあります。銀行融資、公的融資は比較的申し込みから融資実行までの期間が長く審査も厳しいという性格を持ち、事業者ローンは融資実行までの期間はかなり短くて、審査も比較的短いという図式になっています。

これらの融資を比較してどちらを選ぶか?という見方もありますが、併用するという手段もあります。

長期的な資金の調達では、長期の返済にかかる利息を軽減させるという意味でも、利率が低い銀行融資などを利用したいのが本音だと思います。ですが、審査には少し時間がかかるため、その期間を待つのも厳しい状況という場合もあるでしょう。

そういった時の裏技的な方法として、銀行融資の申し込みをしつつ、先に審査から融資までのスピードの早い事業者ローンで借り入れをしておく、という方法もなかなか賢い方法といえるのでは無いでしょうか?

また銀行融資では多めに借り入れをする、という事は難しいと考えておいたほうがよく、借り入れの使途はしっかり設定しておく場合が普通で、使途の決まっていない借り入れは出来ないというように考えておいたほうが良いです。

そのため、銀行融資ができる事となった後も、追加で資金が必要となった場合には、銀行から追加融資を受けるより、事業者ローンを利用したほうが良い場合が多いです。

長期に融資は銀行融資、短期の融資は事業者ローンというには賢い融資の活用法といえるかもしれません。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている