銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ

銀行から運転資金を借り入れる際の流れは、簡単に言いますと、申込み→審査→契約→融資実行となります。この申込みの前には、銀行の担当者と打合せをする場合が普通です。

審査の際には、銀行の場合には提出しなければならない書類は比較的多いです。銀行の担当の融資係と面談の際に、3期分の決算書、定款、登記簿謄本などが必要になります。また、以前から取引がある場合には決算書は直近のものになります。また、決算直後でない場合には直近の月までの試算表の提出も求められます。

それらの種類を元に審査が行われ、一定期間後に融資実行されるかどうかが通知されます。審査を通過した場合には、契約手続きを行い、その後融資が実行され融資金が振り込まれます。

この申し込み期間はその銀行、会社の状況などによっても変わってきますので一概には言えませんが、早ければ1周間、遅ければ1ヶ月程度かかると思ってよいでしょう。

これらの審査には書類の作成や、銀行の融資担当者への業績内容や融資金の使途などを種類や直接面接などで伝えなければいけませんが、その際の書類作成や伝えるべき内容を考えるのには、やはりかなりの労力が必要になります。

銀行の事業資金の審査は決して甘いモノではありません。そして、銀行は多めに貸してくれる事は無いので、使途をしっかりと説明できなくてはいけません。

様々な点で、審査の難易度は高いので、何度も融資を申し込む事は難しいのが正直なところです。もしもっと柔軟な融資を利用したいのであれば、事業者ローンなどを検討してみてもよいでしょう。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている