銀行は運転資金の急な需要には対応ができない | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない

銀行の融資は、申し込みから審査、そして融資実行まで1週間〜1ヶ月ほどの期間がかかります。また、審査も気軽に行えるような内容ではなく、綿密な準備を要します。

また審査については、3期分の決算書、定款、登記簿謄本などが必要になるほか、時間も要しますし、その通過のためのハードルも高いです。それに銀行は元々融資を受けている場合でも、追加融資も難しい場合もあり、またその審査も時間を要するものです。

その備えとして前もって多めの借り入れするという手段を考えがちですが、銀行の融資はその使途を明確に定める必要があり、基本的に多めの融資というものを認める姿勢をとっていません。使途が定まっていないものに貸付をシてくれないのが基本のようです。

そのため、銀行の融資を利用して、急な出費や柔軟な資金繰りに活用するというのは難しいのが普通です。日々変動する事業者を取り巻く環境に合わせて資金調達するといったものには銀行融資での対応は困難ということです。

それでは、そのような資金繰りのための融資の申し込みに柔軟に対応してくれるサービスは無いのでしょうか?実はそういったサービスを提供してくれるのは、事業者ローンです。

事業者ローンは銀行に比べて素早く柔軟に対応してくれる金融サービスです。簡単に貸してくれるという認識では少々困りますが、一定の条件を満たせば審査にはそれほど時間がかかりませんし、審査に関してもそれほどハードルが高くありません。

素早く変化する情況に対応できる融資先として、事業者ローンは最適です。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている