短期で返済予定なら事業者ローンで借り入れした方がいい理由 | 運転資金 借り入れ 事業者ローン


運転資金の借り入れはどうする?
柔軟な対応が魅力の事業者ローンの
メリットはどんなところ?

短期で返済予定なら事業者ローンで借り入れした方がいい理由

運転資金の融資では長期の融資と短期の融資では色々と事情が変わってきます。長期の融資の場合には返済が終わるまでの期間が長く、それだけ利息も多く支払う事になります。短期的な融資の場合は逆に返済が終わるまではそれほどかからないため、利息が少なくなります。短期の場合には多少利率が高くとも、それほど利率の差は長期に比べて影響を受けないという事になります。

また融資金の調達の際に、申し込みから融資までにかかる期間やその手続にかかる手間も、融資を受ける側かわすれば大きな問題となります。融資金の審査には提出書類の作成や担保、連帯保証人の接待などの手続きが発生するものがありますが、それには時間や人材などがあてられますが、これらに関しても費用対効果を考えなければいけません。

これらを考えてみると、短期的な融資に対しては、それほど労力を費やすのは得策でないという事がご理解頂けるでしょう。

銀行の融資に対して、事業者ローンは審査から融資、返済を通して対応が柔軟なので、それらに掛かる負担は大きく軽いものとなります。事業者ローンは審査が通りやすいことや、追加融資の手間も軽くなっています。

そのため、流動的ないし短期的な融資に関しましては、それほど大きな手間をかけるというのは得策では無いことがわかるでしょう。やはり短期的に資金を調達したいときは、銀行融資ではなく、事業者ローンを利用したほうがなにかと効率的で良い選択肢であると言えます。

銀行融資について
運転資金の融資
事業者ローンのメリット
銀行に運転資金の借り入れを申し込んでから融資実行までの流れ イメージ
New!
銀行に運転資金の借り入れを
申し込んでから融資実行までの
流れはこうなっている!

銀行は運転資金の急な需要には対応ができない イメージ
PicKup
銀行は運転資金の急な
運転資金の融資の需要には
対応ができないって本当?

運転資金の借り入れに事業者ローンを選ぶ経営者が増えている イメージ
Point
資金繰りで急に必要になった
運転資金の借り入れに事業者ローン
を選ぶ経営者が増えている